読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momo*cosme

好きなこと(コスメ、韓国コスメ、スキンケア、韓国旅行、SHINee)♡

【スポンサーリンク】

【時代は】私のコンタクトレンズ遍歴と、注意すること【ナチュラル】

その他

【スポンサーリンク】

あんにょんももです*

今日頼んでいたコンタクトレンズが届きました(*´꒳`*)

私が今使っているのはワンデーアキュビューモイストです。

昔は通販でカラコンを買っていましたが、若さと適当さ故、炎症を起こしてしまったりしていました。時代とともにナチュラル思考になり、目に優しいコンタクトを選んだところ、ワンデーアキュビューモイストにたどり着きました。かれこれ3年近く愛用しています(=‐ω‐=)

実は私、眼に関わる仕事をしているのでちょこっと知識はあるほうなんです><笑

そこで、コンタクトレンズについての注意点とか、よく見るBC、DIAの意味を私なりに解説しようかなと思います~。

コンタクトレンズとは

コンタクトレンズとは、高度管理医療機器(クラスⅢ)に分類されます。クラスⅢは、人体へのリスクが比較的高いものになります。

コンタクトレンズは眼鏡に比べて自然で、視野が広いためスポーツにも適しています。(眼鏡が割れてケガをすることもないですしね。)

 

表にまとめてあるので見てみてください。専門用語もありますがそちらは割愛。笑

 

視力矯正の面からみると、CL(コンタクトレンズ)に適した人眼鏡に適した人がいるので必ずしもCLがいい!!眼鏡がいい!!とはなりませんね。

 

BC,DIA・・・どういう意味?

コンタクトレンズ(箱でもパッケージでも)をよく見てみると、こんな英数字が書いてありますよね。

D -5.50 ・・・-5.50Dの近視度数

BC 9.0 ・・・ベースカーブ

2021-08-01 ・・・使用期限

2016-08-11 ・・・製造月日

DIA 14.2 ・・・レンズの直径

意味はこんな感じです。簡単に解説します。

f:id:momoshinee:20161209225925p:plain   f:id:momoshinee:20161209225930p:plain

 (画像お借りしました。)

分かりやすいですね~。ちなみにBCはメーカーや種類によって違うので自分の目にフィットしなければ ゴロゴロしたり、違和感を感じたりすると思います。

実際私も眼科で角膜曲率半径(角膜のカーブのきつさとか調べます)を測定してもらったら、BCは大きいほうがいいと言われたのでこちらにしました。

こういう検査は眼科でしかできないので、やっぱり眼科に行ったほうがいいんですよね。うん。

 

コンタクトレンズの注意点

  •  装用時間を正しく守る。(若いときは1日中つけっぱなしで、朝起きたときにカピカピになっていました)
  • 取り扱い方法を正しく守る。(カラコンをしていたときはケースを乾かさずに水で洗ったらすぐ使う、洗浄液のふたを開けっ放しにしていて蒸発させたりしていました。。)
  • 少しでも異常を感じたら、直ちに眼科に行く。(すぐ直るだろうと思っていたら大間違いです。カラコン時代に角結膜に炎症を起こしてしまい、先生にこっぴどく叱られましたTT)
  • 使用期間を守る。(絶対守りましょう!!!!今となっては1ヶ月装用、1年装用レンズは考えられません;;;;衛生面からも1dayがいいですね。お金はかかるけど。)

 

 だいたいこんな感じです。

そんなわけでカラコン時代に痛い目をみてからはクリアレンズ(たまにディファイン)を使っています。

若いから何とかなる!と思っていたパボです><;;

まあ、カラコンのほうが盛れるんですけどね(´•ω•`)

そんなカラコン命時代のわたしはどんな感じだったのか振り返ってみます笑

カラコン時代 

 

ドドドーーーーーン。

 

もっとひどいときのもありますけどねww

そして自撮りはキメ顔w

 

これから今の私を見るととってもナチュラルになりました。

やっぱり、カラコンは盛れるけど安全性を考えると眼科で処方してもらったほうがいいですね。 

 

ちなみに処方箋なしでも通販や店頭で買えるところはたくさんありますね。

私も楽天スーパーセールの時に買いましたw

 

ちなみに90枚入りのほうがお得ですよ~^^

 

目についてもっと学びたいという方は、こちらの本もおすすめです・・・笑

 

ではでは、お読みいただきありがとうございました ヽ(*´∇`)ノ

 

 

 

 韓国コスメならここ

 

 

 

 ↓ランキング参加中です*応援クリックよろしくお願いします><

 にほんブログ村 美容ブログ 韓国コスメへ にほんブログ村 美容ブログ 無料サンプルへ

【スポンサーリンク】